糖尿病を克服しよう!

糖尿病を斬る!

糖尿病になると症状が現れる?

糖尿病は、最終的には失明などの恐ろしい合併症をひき起こす病気ですが、糖尿病自体の症状はどのようなものがあるのでしょうか。意外と、糖尿病自体の症状は知られておらず、早期発見が遅れる原因ともされています。糖尿病の特徴として、初期のころは自覚症状に乏しいというものがあります。特に、苦痛となるような症状がほとんどないので、意識しないとなかなか気付くことができません。主な糖尿病の症状には、次のようなものがあります。

慢性的なエネルギー不足

糖尿病は、細胞がブドウ糖を吸収しにくくなってしまう病気で、血中のブドウ糖濃度が濃くなった状態を指します。これにより、細胞に栄養が行き渡らなくなってしまい、全身で慢性的なエネルギー不足が起こってしまいます。糖尿病になると、どんなに栄養のあるものを摂取しても使われなくなるので、痩せたり、虚脱感に襲われたり、気力が湧かなくなったりします。

血行に関する症状

糖尿病になると血中ブドウ糖濃度が上がり、血行が悪化してしまいます。すると、手足がしびれたり、立ちくらみやめまいが引き起こされてしまいます。前述の慢性的なエネルギー不足も、これらの血行障害が関与しています。

排尿に関する症状

糖尿病は、その名の通り尿に多量のブドウ糖が含まれる病気です。そのほか、血中のブドウ糖を減らすために排尿が頻繁になります。また、尿を出すために水分が失われるので、喉も乾きやすくなっていきます。

その他症状

その他糖尿病の症状としては、性欲の低下、異常食欲、肌荒れ、体のむくみ、抵抗力の低下などがあります。どの症状も、糖尿病と意識しないと「体の調子が悪いのかな?」と疑問に思う程度のもので、大病とは気づかれにくいです。本格的な合併症が現れた時には、かなり症状が進行してしまっていることも少なくありません。定期的に健康診断を行わないという方は、糖尿病と気付く機会が少ないので、特に注意が必要であるといえます。

※参照サイト:※糖尿病まるわかり

ホーム サイトマップ